創業以来、金属加工技術を磨いて下関で約70年。
まるわステンレス工業ならではの技術を、自信を持ってご提供いたします。

当社では、アマダ製の工作機械を主要設備とし、ステンレス製品だけではなく、アルミ、スチール製品他の
加工も行っています。

材料切断、穴あけ・切削加工、曲げ加工、溶接作業、仕上げ作業まで自社にて一貫製作が可能なため、
様々なニーズに対応でき、短納期で安定した品質が得られます。

また、加工製品の取付作業も行い、責任を持ってアフターフォローもいたします。



シャーリング機による切断
鋼板に関しては、主に2台のシャーリング機により、0.5t~6.0tまでの材料を切断します。

パイプ、アングルについては、メタルソー、バンドソーを使用し、また用途により、コーナーシャー、プラズマ切断機等による切断加工も行います。




当社では、工場の見学も随時行っております。
当社に興味のある方、金属加工に関心のある方、遠慮なくご連絡、又はご来社くだ
さい。(Tel:083-248-5450,担当:林一徳)
予約等は不要ですが、担当者が不在の場合もございますので、事前にご一報頂け
れば助かります。




NCタレパンによる穴あけ加工
穴あけ、切り欠きなどの加工は、NCタレットパンチプレス、セットプレスで行います。

また、フライス盤、パイクール、ボール盤、旋盤などにより、様々な切削加工に対応しています。






プレスブレーキによる曲げ加工
主に3台のプレスブレーキにより曲げ加工を行います。

各種金型を活用し、様々なニーズに対応しています。

またR曲げについては、自社改造による3本ロールを使用し、よりきれいな仕上がりが可能です。




Tig溶接作業
全ての社員がほぼ毎日使用しているのがTig溶接機です。
長年培ってきた知識と経験により、様々な材質、板厚、形状の製品に対応しています。

そして、ステンレス溶接では避けられないひずみ処理、修正方法についても、当社独自のノウハウを生かし、可能な限りお客様のニーズにお答えしています。

また、スポット溶接、CO溶接、及びアーク溶接による現場取り付けも行っています。



グラインダー(サンダー)による研磨作業
溶接同様に必ず毎日行い、そして当社に欠かせないものが、グラインダーによる研磨作業です。

基本的なバリ取りから始まり、エルボー仕上げ、バフ仕上げといった様々な品質のものに対応しています。

溶接スケールの除去等も含め、当社独自の技術・ノウハウを生かし、多くのお客様にも満足頂いています。